こんな症状はありませんか?

・食事中によくむせる

・食べ物がのどにつかえる感じ

こんな症状がある方は、舌の筋力が弱くなってきているかもしれません。

嚥下機能(食べ物を飲み込む働き)は舌の運動機能と深く関係しており、舌の筋力は加齢と共に低下していきます。舌の筋力が弱まると食事中にむせやすくなったり、口の中に食べ物が残りやすくなったりすることが多くなり、誤嚥性肺炎の原因になることもあります。

そのためスムーズに食べ物を飲み込んで安全に食事が出来る様、舌の筋力を強化する必要があります。

当院では、舌の筋力を測定する機械を導入しました。簡単に測定できますので、お気軽にスタッフまでお声掛け下さい。

ご家庭でも簡単に出来る舌のトレーニング用具「ペコパンダ」も取り扱っています。